ゴルゴ日記

登山、バイク、神社めぐり等 ゴルゴの日常生活を公開してます。

厄病神記録更新

昨日はナイターでした。

ナイターと言っても野球ではなくラグビーです。

f:id:gossyan510:20190420091448j:image

サンウルブズ』が秩父宮ラグビー場で『ハリケーンズ』を迎え打ちます。

今回の観戦はチョットご縁があってメインスタンドの結構良い席からの応援です。

f:id:gossyan510:20190420102836j:image

ハリケーンズ』は2016年の優勝チームで当然ですが今まで『サンウルブズ』は勝った事がありません。

f:id:gossyan510:20190420091515j:image

でも、今回は『ハリケーンズ』のキーマン 『ボーデンバレット』選手が欠場、さらには『オールブラックス』の『デイン コールズ』選手も欠場するとの事でチャンスがあると見ていました!

キックオフ!

f:id:gossyan510:20190420091618j:image

いきなりラインアウトからの攻撃で今日センターに抜擢された『ウォーレンボスアヤコ』選手が抜け出してスワーブを描きながら大外の問題児『マ◯レワ』選手にパス!先制トライとなりました。

問題児『マ◯レワ』ですがココ3試合メチャメチャ調子が良い!

f:id:gossyan510:20190420092637j:image

とにかく幸先の良い入りが出来ました。

『ボスアヤコ』選手も元々フォワードの選手ですがバックスとしても素晴らしいプレーを見せてくれました。トライを防いだタックルは今日勝てば後世に語り継がれるスーパータックルでした。

f:id:gossyan510:20190420092657j:image

相手に1トライを許すもヘイデンパーカーのキックと『マ◯レワ』選手の2トライ目で前半を23-10で折り返します。

が、後半に入ると防戦一方でした。

ウイングの後ろのスペースに蹴り込まれての被トライ、キックチャージを食らっての被トライ、さらには課題のマイボールラインアウトを取られて速攻を食らっての被トライと3トライを奪われて23-29と逆転されてしまいました。

でも、後半35分ごろには相手ゴール前でスクラムとなり、2015年の南アフリカ戦の様な雰囲気になって来ましたが…。

肝心のスクラムを押されてしまいました。

そして最後の最後までラインアウトがうまくいかずにノーサイドとなってしまいました。

 

強豪チームと互角に戦ってゲームとしては非常に面白いゲームでしたが残念です…。

さらにハーフタイムには山崎紘菜ちゃんがキックに挑戦したりとこちらも楽しめました。

f:id:gossyan510:20190420102939j:image

スタンドもかなり埋まっていて応援も一体感があって楽しかった!

本当に2021年以降のスーパーラグビーからの撤退が惜しまれます!

 

そして…厄病神記録をまた更新してしまいました…。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイガー‼️

タイガーがやってくれました。

昨年9月に久々のツアー優勝した時は本ブログでも取り上げましたが

その後最初のメジャーで優勝するとは本当にカムバックして来たという事でしょう!

f:id:gossyan510:20190415212521p:image

私自身最近ゴルフから遠ざかっていて気になりながら今回の『マスターズ』は観ていませんでした。

最終日も天候の関係で随分スタートが早くなるとは聞いていましたが、例年8時過ぎに最終組が最終ホールを迎えますが6時過ぎ?5時半ごろ?スマホのニュースでタイガーウッズ優勝の知らせが届きました。

f:id:gossyan510:20190415212537p:image

ダイジェストを観るだけでしたがショットが素晴らしかったですね!

ビタビタピン横につけていました!

ただ、マスターズの場合ボールが落ちてから数メートルいや、10メートル以上転がる事も珍しくなくて、何処に落とせば良いのか、オーガスタを知り尽くしたタイガーならではのベタピンぶりかと思いました。

f:id:gossyan510:20190415212556p:image

43歳になったタイガーですが幸先良くメジャーを制する事が出来ましたので、メジャー18勝の記録更新と、ツアー82勝の更新も射程内になって来ました。これでメジャー15勝目、てかツアー82勝は後1勝です!

f:id:gossyan510:20190415212602p:image

デビュー時は年下のタイガーでしたが今や同世代?です!

是非記録を更新して我々世代に夢を与えて下さい!

f:id:gossyan510:20190415212617p:image

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ラーメンツーリングからの日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)

昨日は朝起きると雲一つない快晴でしたので、洗濯を済ませた後出掛けることにしました。

ただ出掛けるだけでは面白くないので『ラーツー』してみる事にしました。

朝9時のサミット開店を待ってラーメンと水を調達して奥多摩湖を目指しました。

先週の寒波で『奥多摩周遊道路』の道路脇には雪が残っていましたが走行には問題ありませんでした。

目的地の奥多摩湖手前で見晴らしの良い駐車場があったのでここを目的地に変更しました。

f:id:gossyan510:20190414075534j:image

それにしても良い天気です。

f:id:gossyan510:20190414075550j:image

テーブルとベンチがあったので丁度良い!

早速調理?開始。

f:id:gossyan510:20190414075617j:image

完成!

f:id:gossyan510:20190414075642j:image

うーん思ったほどの感動は無し!普段山登り時に食べるラーメンは疲れてるのでその分染み込み方が違うからだと思いました。

ここの駐車場は見晴らしが良いのでどんどん車やバイクが入って来ます。

こんな事をしてるのは私だけなので少し恥ずかしい感じがします。

しかしながらせっかく持って来たコーヒーも飲まないと…。

f:id:gossyan510:20190414075657j:image

で、まだまだ時間があるので前から少し気になっていた『日原鍾乳洞』に行ってみる事にしました。

山登りでこの近所まで来てますがここら辺岩が凄い!

f:id:gossyan510:20190414075741j:image

伝わるかわかりませんが写真の岩は一枚岩です。

f:id:gossyan510:20190414082026j:image

入場料は800円ですがJAF割引で700円でした。

f:id:gossyan510:20190414075801j:image

 

f:id:gossyan510:20190414075812j:image

中は屈まないと通れない場所や高低差もあって膝が悪い自分としては少し辛かったです。

f:id:gossyan510:20190414075835j:image

f:id:gossyan510:20190414075900j:image

写真も何を取り上げて良いのやら…。

f:id:gossyan510:20190414075914j:image

まぁ気になっていたスポットを制覇出来たので良しとしよう!

f:id:gossyan510:20190414075938j:image

近所の神社に寄って

f:id:gossyan510:20190414080009j:image

売店でわさびアイスを食べて帰りました。

f:id:gossyan510:20190414080027j:image

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川苔山登山

少し遅れた投稿になりますが、先週日曜日は川苔山(かわのりやま)に登って来ました。

奥多摩駅に9時17分に着いてバスに乗って川乗橋(かわのりばし)という登山口に10時前に到着しました。

しばらくはアスファルトで舗装された道を歩いて行きます。

f:id:gossyan510:20190410201338j:image

30分くらい歩いて登山口へ到着!

f:id:gossyan510:20190410201348j:image

沢沿いの道は所々に見どころの滝があります。

f:id:gossyan510:20190410201412j:image

f:id:gossyan510:20190410201428j:image

極め付けは『百尋ノ滝』ですが、膝の調子がイマイチで下まで降りなかったので『伝わらない写真』です。

f:id:gossyan510:20190410201448j:image

そこから約一時間半くらい歩いて…。

f:id:gossyan510:20190410201518j:image

サミット制覇!

味噌味のカップヌードルは登山向きの『濃い味付け』でした。

f:id:gossyan510:20190410201528j:image

下山風景は写真ありません…。

鳩ノ巣駅』近辺の神社がゴールです!

f:id:gossyan510:20190410203011j:image

かなり端折った投稿ですが、ゴールが3時半くらいでしたので休憩込みで5時間半の山行となりました。

これまた写真はありませんが、お風呂は『河辺駅』前の『梅の湯』に入って食事も其処で済ませました。登山客以外が多い印象でしたが天然温泉は結構良かったです。

http://kabeonsen-umenoyu.com/

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

碓氷峠鉄道文化むら

さらに昨日の続きです...。

碓氷峠鉄道文化むら』に行って来ました。

f:id:gossyan510:20190407073405p:image

いろんな車両が展示されています。

f:id:gossyan510:20190407073416j:image

昔貨物列車の最後尾にこの車両が付いていて『中はどうなってるんやろ?』と思いを巡らせましたが、

f:id:gossyan510:20190407073440j:image

こうなってました。

意外とシンプル!

f:id:gossyan510:20190407073504j:image

さて、何故ここなのか?ですが、

東京に来てスキーやツーリングで長野県方面によく出かけますが群馬県から長野県にかけての道は物凄い登り坂となっています。

昔は関東を『坂東の地』とも言ったそうですが、とにかくかなりの坂なんです。

で、日本に鉄道を敷設した時に問題となったのがここ『碓氷峠』だそうです。

碓氷峠』は群馬県の横川から長野県の軽井沢の間にある峠で、最大斜度66.7‰(パーミル:1000メートル進みながら66.7メートル登る)を登るのに解決策として採用されたのは、

f:id:gossyan510:20190407074017j:image

アプト式』というギアを一般の鉄道とは別に敷設するやり方だったそうです。

f:id:gossyan510:20190407073930j:image

f:id:gossyan510:20190407073519j:image

その後『粘着運転』と言って補助機関車が列車を押して登る方式が取られた後に現在長野新幹線は自力で260キロ走行してるそうです。

 

これらの説明は鉄道模型のデモ運転で解説してくれます。約20分ですが見応えがありました。

f:id:gossyan510:20190407074228j:image

今や簡単な移動ですが苦労の歴史を知ることが出来ます。

f:id:gossyan510:20190407074254j:image

 

その後ドライブインで『峠の釜めし』を食して

f:id:gossyan510:20190407074316j:image

f:id:gossyan510:20190407074326j:imagef:id:gossyan510:20190407074427j:image

f:id:gossyan510:20190407074504j:image

『峠の湯』で温泉休憩。

f:id:gossyan510:20190407074524j:image

f:id:gossyan510:20190407074531j:image

最後は『碓氷峠』を旧道で軽井沢まで登って来ました。なかなかの『ワインディングロード』でした。

途中の『眼鏡橋』は写真を撮りに来てる人でいっぱいでした。

今は鉄道としては使われてない『眼鏡橋』ですが、上を歩けるみたいです。また機会があれば歩いてみたいと思いました。

f:id:gossyan510:20190407074550j:image

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貫前神社参拝

今日は『富岡製糸場』に出掛けてましたがそれで終わる訳がありません。

11時過ぎに『富岡製糸場』を出ましたが到着時開いてなかったお店が開いていてちょっと目を引いたシュウマイ屋さんに寄ってみました。

『絹シュウマイ』との事ですが、芸能人の写真が至る所に飾られていました。

f:id:gossyan510:20190406212345j:image

一人前300円。シュウマイ大好きな私としては外せません。

f:id:gossyan510:20190406212450j:image

確かに食感は『シルキー』です。

『細かい説明』、というか『説明』を全く受けなかったので何故『絹シュウマイ』なのかは理解出来ませんでした。

説明って大事ですね!

 

で、次の目的地はジンジャーらしく上州一の宮貫前神社』(ぬきさきじんじゃ)です。

f:id:gossyan510:20190406213514j:image

f:id:gossyan510:20190406213548j:image

写真の通り坂を下ってお参りするちょっと変った立地となっています。

f:id:gossyan510:20190406213451j:image

綺麗な神社で良い雰囲気でした。

f:id:gossyan510:20190406213702j:image

f:id:gossyan510:20190406213719j:image

写真にはありませんが、ちょうど神社を後にしようかと思った時に男性ばかりの団体とすれ違いました。どうやらバスツアーのようで30人くらいのオッさんの後に20歳過ぎくらいのバスガイドさんが付いていました。

オッさんたちはスゴスゴと神社に入っていく中で、20歳過ぎの『ベッピンガイドさん』は手水屋で作法通りに身を清めて、これまた作法通りに丁寧な参拝をされていました。

大和撫子ここにあり』今日ここに導かれた理由がわかりました。

境内には樹齢1000年以上、あるいは500年以上の大木が沢山生えてます。

f:id:gossyan510:20190406214536j:image

f:id:gossyan510:20190406214550j:image

f:id:gossyan510:20190406214625j:image

間違い無くパワースポットの『貫前神社』でした。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

世界遺産かつ国宝 『富岡製糸場』

今朝は5時過ぎに目覚めました。

しばらく朝なかなか起きれない感じでしたが戻って来た感じです。

洗濯を済ませて7時半頃家を出ました。

もちろんバイクです。

目指したのは  世界遺産かつ国宝の『富岡製糸場』です。

バイクの駐車場が見つからずウロウロしましたが何とか停めることが出来ました。

ちなみに無料です。

f:id:gossyan510:20190406200940j:image

歩いて5分くらいでしょうか?

到着しました。桜が綺麗です。

f:id:gossyan510:20190406194712j:image

f:id:gossyan510:20190406194750j:image

ガイドさんが案内してくれるコースがあるみたいなので申し込むことにしました。30分刻みでスタートがあるのですが、到着したのが9時40分くらいで最初のツアーには間に合いませんでした。なのでちょっと時間潰しをするのですが...。

f:id:gossyan510:20190406195401j:image

あまり見るものがありません。いや、あるんですがガイドして貰おうと思ってるんで...。

去年『石見銀山』を見ましたがガイド無しでは何の事やら?でしたので。

とりあえず桜でも見ようと...。

f:id:gossyan510:20190406202449j:image

東京の桜は昨日の風で大分散ってしまったかと思いますが、群馬はまだ8分咲くらいでしょうか?見た目には充分ですがまだまだ蕾が目立ちます。で、ツアー開始!

『東置繭所』は文字通り繭を置いていた棟です。

煉瓦が『フランス積み』らしいです。

f:id:gossyan510:20190406195442j:image

ちなみに『フランス積み』はこの通り。

断面は長手と短手が交互に見えます。

f:id:gossyan510:20190406202900j:image

そうです。『富岡製糸場』はフランス人に教えて貰って作られたそうですです。

で、こちらは『女工館』だそうで、当時の『女工』は『結構やな〜』と思っていたらフランス人女性技師の住居だったそうです。

f:id:gossyan510:20190406195520j:image

『操糸場』の案内板には『国宝』の文字があります。

f:id:gossyan510:20190406205736j:image

f:id:gossyan510:20190406195644j:image

どこまで当時のままかは不明ですが、明治当初の開業時は電気が通ってなかったらしく、窓が多く配置されていて中は白い塗装がされてました。

f:id:gossyan510:20190406195711j:image

富岡製糸場は昭和62年まで操業されてたみたいで日産の『自動操糸機』がビニールで保護されてます。

f:id:gossyan510:20190406195756j:image

f:id:gossyan510:20190406195840j:image

今日は桜が咲いているので『観桜会』というイベントが開催されてました。

朝早い時間でしたが盛り上がってました。

f:id:gossyan510:20190406195925j:image

館内では自動化される前の昔ながらの『操糸』の体験も出来ます。

f:id:gossyan510:20190406200050j:image

f:id:gossyan510:20190406200036j:image

f:id:gossyan510:20190406200211j:image

なかなか見どころ多い『富岡製糸場』でした。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。